日本語を教える
Teach Japanese

「教えるための日本語文法」

改めて「教えるための」と冠をつけて「日本語文法」を見直してみませんか。新たな発見があれば、それを授業にいかし、追認されればさらに自信を持って授業に臨めるでしょう。
日本語教育のゴールは、日本語学習者を日本語が使える人に育てることです。それにはどのように日本語の文法(規則)を捉えたらいいのか、その結果をどのように学習者に伝えたらいいのかと問い直してみようという企画です。

まず、肝心なことは「伝えたいこと」「言いたいこと」と指導項目として提示される文型=言葉(表現方法)をリンクさせることだと考えています。なぜなら、私たちの言語使用そのものが「伝えたいこと」「言いたいこと」があって始まり、その一つ一つの「伝えたいこと」「言いたいこと」を言葉で表明することによって意思伝達が行われるからです。

授業をするときは、指導しなければならない文型=言葉(表現方法)があります。その文型=言葉で伝えられることは何なのかと問い掛けながら考えていこうと思っています。
教える側の教師は、わかった・学んだ・知った・確認できたと思った「文法の知識」をそのまま学習者に教える=伝授するというわけにはいきません。どのように指導したら相手(学習者)にわかってもらえるのかもあわせて考えていきましょう。

教えるための日本語文法 解説

【PDFファイルです、ダウンロードしてお使い下さい。】

1.「これは本です。」「これは本ですか。」「これは何ですか。」
2.「これは本です。」2
3.「全部売れた」と「売れてしまった」
4.「神保町へ行って本を買います。」と「神保町で本を買います。」
5.「〜〜かもしれない」 
6.「肩を借りながら歩く」
7-1.「今晩、勉強するつもりです」:「伝えたいこと」
7-2.「今晩、勉強するつもりです」:「追い込む」指導法の考え方
7-3.「今晩、勉強するつもりです」:「追い込む」教案例
8.「行くつもりだ・行こうと思っている・行きたいと思っている」

日本語研究会の日程は「スケジュール」より確認できます。
申し込み・お問い合わせは「申し込み・お問い合わせ」フォームよりお願いします。
フェイスブックでもご案内しています。
フェイスブック Facebook